葬式と法事ばかりが寺の仕事ではありません。
気軽に遊びに来て、参加して、味わって頂けばよいのです。


修正会(しゅじょうえ) 1月1日午前零時より
お正月の午前零時。除夜の鐘に続いて行なわれる行事で、気候の温順、国家と国民の安寧、作物の豊作、世界の平和、徳義と信義などが行なわれるよう、その一年の幸せを祈念します。

涅槃会(ねはんえ) 2月15日 午後7時より
お釈迦様が亡くなられた日です。本堂の正面に大きな涅槃図が掛けられ、そのお徳を偲ぶ法要を行ないます。

初午会(はつうま) 2月 最初の午の日 午後2時より
寺に祀られている十一面観音様のお会式です。厄年の男女が厄除けのお餅を供え、賑やかに餅撒きが行なわれます。

鳥獣供養(ちょうじゅうくよう) 初午の日 午後1時より
山内の供養塔の前で、狩猟チームが仕留めた猪・鹿はじめ、鳥や獣のお供養をします。ペットのお供養はこの日にどうぞ。

春のお彼岸(ひがん) 3月 春分の日を中心に一週間
西方の浄土を想い、仏教徒としての気構えを再確認する週間です。広源寺では最終日(結願=けちがん)の夜お説教の会とお団子撒きが行なわれます。

降誕会(ごうたんえ=花祭り) 4月末
お釈迦様のお誕生日です。花御堂を飾り、甘茶のお接待があります。 早朝から山内のお掃除の奉仕も行われます。

施餓鬼会(せがきえ) 8月7日 午前8時より
生きとし生きる物、あらゆる生命の恩恵に対して供養を捧げる行事です。新仏の供養も同時に行なわれます。

お盆 8月13日、14日
この間、住職は新盆のお家に棚行参りに伺います。

地蔵盆 8月24日 午後7時より
子供達が中心のお地蔵様のお祀りです。夕方から境内や各地区の地蔵尊の前に灯籠を吊り、子供達が和讃を唱えます。

英霊・水子供養 8月20日午後5時より
戦争で亡くなられた方、死産流産などの子供をお供養します。

秋の彼岸会 9月 秋分の日を中心に一週間
春と同じく結願の夜、26日午後7時より。お説教(福岡市大長寺河東俊宏師)と団子撒きです。

歴代上人・婦人会物故会員法要
代々の広源寺住職と30年間の先亡婦人会員のご法事です。

成道会(じょうどううえ) 12月8日 午後7時より
お釈迦様が悟りを開かれた日です。

 このほか、コンサートや各種の研修会等があります。
  また、近隣寺院の総代連絡会として明秀会と言う組織があり、本山への奉仕団参、輪番御忌、納骨団参、霊場巡拝などの親睦の行事が行なわれています。

 

表紙広源寺はこんな寺和尚の自画自賛広源寺へ行こう|広源寺の年間行事|



E-mail: riryo@naxnet.or.jp