お説教・お話しの出前を致します

 和尚の周りには同信会と気持ちを同じくする、沢山の話し上手、優秀な語り手が居ます。法縁を求めてどこにでもお話に伺いますから、ご連絡下さい。催しの趣旨、内容に応じて最適の方を推薦させて頂きます。

 
プロフィール
メッセージ

栗田利竜

◯紀州有田 広源寺住職

○西山浄土宗宗議会議員
◯(株)コーツー代表
専門紙発行・デザイン・印刷・販売促進等に35年間従事。

○和歌山社会福祉専門学校の設立後、不登校閉じこもり対応の通信制高校を運営。
○寺興し、村興し事業を展開。

 寺を、楽しい所、ほっとする所、心安らぐ所として使いませんか。苦しいとき、迷ったとき、心が弱くなったとき、寺に来ませんか。
 寺は、生きている貴方が、生きているうちに行くところです。
 悩みも、迷いも、苦しみも、解決のヒントは自分でつかまなければなりません。自分でつかむために、仏様の智慧を頂くのです。
 仏様に抱かれている自分に気が付けば、問題が全て解決されて居ることにも気が付くでしょう。

中西博邦

○岐阜石原・醍醐寺住職
○フランスに留学後日本領事館を経て、フランス外務省に勤務、ポートピア博パリマルセイユ館の館長として帰国、その後フランスのIT会社を経営。
○該博な知識を駆使してのお話は一宗門の枠を遙かに超えています。
○宗教界を新しい目で外から見る事の出来る人です。埃をかぶった坊さん世界に一石を投じます。

 私たちに大事なのは、今、何をしているかです。
「癒してほしい」と願う受け身の人間は大勢いると思います。それが誰かが判れば、「応病与薬」のオファーができます。
「神の手」をもつ外科医が何年も先まで予約でいっぱいのように、社会の激変に疲れている現代人のこころに薬を与えられるのは坊さんだけです。

和田邦治

和田邦治

○紀州下津 地蔵寺住職
○宗門の紀州布教師会々長
○心身共に僧侶を実践している人です。こういう「お坊さん」は本当に希に成りました。何を語らずとも心洗われる思いをさせてくださいます。
○お話しは世俗を超えた、悠々たる世界を展開されますが、それがまたユーモラスで、何とも不思議な世界に導かれます。

 
西山光俊

西山光俊

○紀州和歌山 養法寺住職
○宗門の紀州布教師会副会長
○恵まれた寺に育ち、今の自坊で恵まれた環境にいる自分を常に見つめ、内省を重ねている人です。
○産まれ育ちから来る人柄の良さが、聞く人の心にほのぼのとした温かさとして伝わってきます。これを、産まれながらの気品と申しますか。備わった物が有るようです。今の社会に最も欠けるものです。

 

岩崎順子

◯末期癌のご主人を自宅で看取る。
◯3人の子供を育てる素敵なお母さん。
◯独特の死生観に自身の体験を重ね、ほとんど佛教語を使わないで、さらりと仏法そのものを語る不思議な魅力の人。
○心と癒しについて講演回数が実に500回を越えたと言いますが、初々しさと可愛さで過酷な運命をさらりと語られるお話が心を揺さぶります。

 何かに迷った時、頭であまり考えなくなりました。考えれば考えるほど 迷いが生ずるからです。逆に心をとてもシンプルにします、ごちゃごちゃ 考えて居たこと、こだわっていたモノを手放します。そうすると、答えは 意外に見つかるものだと思え始めています。先入観を捨て去り、ありのま まに見ると、事柄はとてもシンプル。わかりやすく、迷いや不安は減少し て行きます。

「ガンが病気でなくなった時」→

川本俊永

◯大阪市生野区乗願寺住職のかたわら、山内にカウンセリングルームを主宰。そのほか、仏教大学はじめ各種の学校講師として多忙。
◯お話はわかりやすく親切、ユーモラスな持ち味は聞き手をあきさせません。

 





E-mail: riryo@naxnet.or.jp